ベーグルセット

ベーグル

天然酵母のマフィン、その他マフィン

スコーン
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
ベーグルとは?
ベーグルができるまで
アクセス
リンク
スタッフ募集!
 instagram
 

新着情報






5月25日(金)26日(土)営業終了時間の変更について(5/24)



 明日5月25日(金)は営業終了時間が16:30となります。

 26日(土)は売り切れ次第終了予定です。
 この日はオーダーサンドはお休みとなり、ハーフサンドのみのご用意となります。

 27日(日)生田緑地「森のマルシェ」は欠席となります。

 家族の看病のため、ご迷惑をおかけいたします。

 申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。



   

ちょっと贅沢なベーグルサンド、今日から店頭販売します!(5/22)



 ちょっとしたご褒美気分が味わえるベーグルサンドを、今日から始めます。

 ・「スモークサーモンとクリームチーズ」ベーグルはプレーン。
 ・「生ハムとクリームチーズ」ベーグルはプレーン。

 今までは店頭でオーダーを受け、その場でお作りしていた人気のサンドです。

 急いでいるお客様がさっと買える。
 ハーフサイズでの販売なので、2種類を1個ずつ買ってもオーダーサンドよりすこーしだけお得。
 なんていったって、ベーグルの本場NYではベーグルと言ったらサンド!

 ベーグルとクリームチーズの組み合わせは、王道、定番。

 今までオーダーサンド頼むのはちょっと、、、と思っていた方、
 ベーグルサンドを食べてみたい、と興味のある方、

 ぜひぜひお試しください!!!

 ベーグルとサンド中身を組み合わせて注文するオーダーサンドは、継続中!

 ※写真はオーダーサンド。
 ベーグルは「くるみといちじくベーグル」。
 サンドの中身は「生ハム」です。



       

Vege&fork market終了、次回11月3日(土)4日(日)にお会いしましょう!



 今週末開催されたVege&fork market。
 たくさんのお客様に会えて、出店して本当に良かった。

 「ベーグルカンパニーのベーグルを買うために、このイベントに来ました」
 「前回買っておいしかったから、通販で注文した者です」
 「店頭には普段でないベーグルの種類があるから、来てみました」
 「今週末店頭でベーグルを買えなかったので、ここまで来ました」
 などなど、本当に嬉しいコメントをたくさんいただきました。

 このイベントで必ず買いに来てくれるお客様がけっこういます。
 ベーグルカンパニーのベーグルを楽しみに来てくれる方がいるって、なんて嬉しいことなんだろう。

 だからこそ、今回も出店しました。



 実は今回はスタッフの人数が十分ではなく、困った!と思っていました。
 お店の営業もある中、人数的にはイベントに出る余裕がなかった。
 でも、楽しみにしてくれているお客様のことを考え、絶対出店しようとスタッフ全員で頑張りました。

 おいしかった!というたくさんの笑顔が見れて、出店して良かった。
 みなさんの笑顔が、ベーグルカンパニーを笑顔にします。

 次回のvege&fork marketは11月3日(土)4日(日)。

 さらにおいしいベーグルを作って持っていきますね。



文旦ベーグル、ご愛顧ありがとうございました!(5/19)



 かわさき産、無農薬の文旦を使ったベーグル。
 農家さんは木所農園。

 たくさんのお客様に食べていただき、今季の文旦ベーグルは終了しました。

 最終日の今日、開店前から並んでいただき、ありがとうございました!
 何個も買われるお客様もいて、頑張って仕込んで良かったと感無量。



 実は、、、
 今回の文旦は、なかなか一筋縄ではいかずに苦労しました。

 昨年度の土佐から取り寄せていた土佐文旦に比べて小ぶりで硬め。
 皮を剥くのも、実を取り出すのも、力仕事で時間がかかる。

 最初の文旦ピールを作った時は、ほんと時間がかかった。
 特に忙しい時期で営業時間中はできない。
 なのでお店が閉まってから文旦に取り掛かった。

 皮むきに時間がかかり、
 皮の洗いこぼしに時間がかかり、
 皮の苦味をどのくらい取り除くのか決めるまでに時間がかかり。

 誰もいない仕込み場で相談するスタッフもいなく、文旦と格闘。
 24時を過ぎてしまい、翌日の仕込みのため早く帰って寝なくてはという状態。

 やっと出来上がった文旦ピールも、味見すると昨年度と違う。。。
 クリームチーズとの分量も最初から調整する。
 試作を作り、スタッフの意見を聞いて販売を開始。

 しかし、心の片隅でお客様は美味しいと思ってくれるのか、いつも不安だった。

 だからお客様から「今年の文旦は味がしっかりしていておいしい」
 というコメントがとっても嬉しかった。

 おいしいよね、大丈夫よね、と思って仕込んでいても、
 文旦だけでなく他のベーグルもどこかでいつも気にはしている。

 だから、お客様の声をいただけるのが一番!と思っています。

 これからもベーグルカンパニーのベーグルを、よろしくお願い致します!



     

明日5月19日(土)オーダーサンドお休み、ハーフサイズのサンドを準備します!(5/18)



 明日は19日(土)はオーダーサンド休みとなります。
 申し訳ありません。。。

 明日はマンパワー的にオーダーサンドを受け付けることができなく、
 かえって皆さまにご迷惑をかける恐れがあります。

 でも、ベーグルサンドを楽しみにご来店されるお客様のことを考えると、なんとかしたい。

 明日は通常のオーダーサンドを、半分のサイズにカットしたものをご用意します。

 ・サーモンとクリームチーズサンド
 ・生ハムとクリームチーズサンド

 ハーフサイズのベーグルサンドなので、2種類を同時に楽しむこともできます。

 数に限りがあるのでぜひお早目にお越しください。

 明日は文旦ベーグル、今季最後の日。

 明日も皆さまのご来店をお待ちしております。



   

食感にとりこ!ざっくざくのスコーンです(5/17)



 ベーグルカンパニーが作るたべものって、実は食感を大事にしています。

 というのは、私がまだパン学校に行っていた時、、、
 パンのおいしさを左右する要素を勉強。

 消費者アンケートの結果が、
 1番は素材
 2番がなんと食感、だったのです。
 香りでもなく、味でもなく、、

 その時から「そうかー、大好きなベーグルなら食感に特化できるよね」と思う。

 ベーグルの食感はもちもち。形はまんまる。

 スコーンは絶対四角にしようと思った。

 スコーンを始めてもう長くなりますが、
 試作段階では、何度も何度も作った。

 当時のスタッフに試食してもらっても、反応良くない。

 1か月ほぼ毎日試作し続け、寝てもさめてもスコーンのことばかり考える。
 風呂に入っても、ご飯を食べても、車を運転していても。
 試作段階って楽しいけれど、うまく行かないとつらい。



 そんなあるとき、パイ生地のようにバターの層を作り、ざっくざくにしようと思い立つ。
 バターの粒の大きさ、折り畳み回数を繰り返し試作し、おいしいと思うものができる。

 これが良かった。

 お客様がこのざくざく感がいいのよね、と言ってくれる。

 何年たっても作り続ける、ベーグルカンパニーのざっくざくスコーン。

 これからもスコーンたちをよろしくお願いいたします!



     

かわさき産の文旦ベーグル、19日(土)まで!(5/26)



 毎日売り切れるベーグルカンパニーらしいベーグル。
 かわさき産の文旦ベーグル。

 とうとう今週末で終了します。

 爽やかな甘さと、ほろにがさ。

 今週のように暑い日にぴったり。

 文旦とクリームチーズを合わせて巻き込み。
 文旦とクリームチーズがこれまた良くあいます。

 旬の今しか食べれない文旦ベーグル。

 残り4日間となりました。



ふすまのビスケット、他には出会えないおいしいさ!(5/15)



 体に良いのに、おいしいビスケット。

 麻生区産、無農薬のふすま。
 ふすまのおいしさを最大限引き出すために、バターは使わずなたね油で生地をつなげる。
 焼成も優しく焼くと穀物っぽい香りが出てしまうため、
 焦げる手前までしっかり焼きこむ。

 体に良いものでもおいしくないと長続きしない。
 くせになる香ばしい味。
 ぽりっとした食感。
 何枚でも食べれる素朴な味。
 ありそうで今までなかった味。

 多くのお客様にリピートいただいている、息の長いビスケットです。



 

5月19日(土)20日(日)「Vege&fork market」に出店します(5/13)



 今週末、柿生で開催の第16回「Vege&Fork Market」に出店します。

 5月19日(土)、20日(日)の2日間。
 10:00-16:00
 「Vege&Fork Market」
 「麻生環境センター」小田急線柿生駅から徒歩約10分。

 ベーグルカンパニー、今年で6年目、11回目の出店です。

 このVege&forkに毎回必ず来てくれるお客様もいてくれます。
 嬉しいし、ありがたいです。
 だから、出店できる限りは頑張って出店しています。

 今週はVege&forkに向けての仕込みです。
 ベーグルの材料はもちろん、チップス、無農薬ふすまのビスケットなど。

 今回も皆さんに会えることを楽しみにしています!



     

早く食べないと終わってしまう!文旦のベーグル。(5/11)



 かわさき産、無農薬の木所農園の文旦。

 何度も洗いこぼした文旦の皮を、実と砂糖と一緒に煮込んだピール。
 最後に味と文旦の量を調整しながら、クリームチーズと合わせます。

 文旦の味が活きるようにプレーン生地に巻き込み。

 「文旦の味がしっかりしている」
 「甘さとほろ苦さがちょうどよい」
 「今年もおいしい!」
 とお客様からの嬉しい声。



 農作物を使ったベーグルは、お客様の声を聞くまでいつもドキドキ。

 毎回農作物は味が変わる。
 それを把握して一定の味になるように仕込む。
 作り手の私はおいしいと思っているけれど、お客様はどう思うのか。
 何年たってもお客様の反応を聞くまでは、いつもドキドキするもの。

 今年も喜んでもらえて、おいしいと言ってもらえてよかった!

 今季もすでに4回買ってくれているお客様もいる。
 好評で毎日たくさん作っているので、終わりも近い。

 5月19日(土)で終了予定。

 今年まだ文旦ベーグル食べていない方、ぜひお早目に!



なに、この香ばしさ?ふすまのビスケットです(5/10)



 とっても香ばしい。
 何枚でも食べれ、止まらない。
 ごはん替わりにもなる。
 お子様もおいしいと言ってくれる。
 ベーグルカンパニーしかない!

 お客様がそう言ってくれます。

 店頭に出すとあっという間になくなってしまう「ふすまのビスケット」。

 無農薬、麻生区産のふすま。

 ふすまって何?と良く聞かれますが、、、
 小麦粉の表皮部分。
 小麦粉を精製するときに取り除きます。

 しかし、、、
 ふすまには食物繊維、鉄分、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、銅などの
 栄養成分が豊富に含まれています。

 おいしいだけでなく、体にもやさしい「ふすまのビスケット」。

 今日も店頭に並びます。



「のらぼうサンド」、連日完売で終了!(5/8)



 「のらぼうサンド」今年は終了しました。
 連日皆さまに食べていただき、ベーグルカンパニー嬉しく思っています。

 のらぼうは通常は茹でたり、炒めたりして食べます。
 のらぼうをご存じの方は「えっ、生で入っているのですか?」と驚く。

 のらぼう自体をご存じでない方もまだまだ多い。

 「この辺りの伝統野菜です。
 菜の花に似ていますが、苦味は少ないです。
 茎はアスパラのようにみずみずしく甘い。
 葉っぱはほんのりとした苦味があります。
 稲田堤でのらぼうだけを専門に長年作っている、86歳の高橋さんののらぼうです。
 のらぼう一筋。
 おいしいのらぼうを作り有名な方です。
 この高橋さんが作るのらぼうだから、生で食べられます。
 高橋さんがベーグルカンパニーのために、特別に柔らかい部分を選んでくれるから
 このサンドができます」

 と毎日説明して食べていただきました。

 多くの方に食べて喜んでもらえました。

 最終日も完売して高橋さんにすぐに電話しました。
 「来年も頑張って作付けするから、来年もよろしくお願いいたします」
 と言ってくれました。

 農家の高橋さんの協力があって出来上がったこの「のらぼうサンド」。
 来年もぜひ宜しくお願いいたします!



 

何度でも食べたい、でも終わってしまう、、旬の味「のらぼうサンド」(5/4)



 今日も「のらぼうサンド」は一番早くに完売。

 今週末で終了しますと告知してから、皆さん全員が「のらぼうサンド」を買う。
 お店でも、イベント出店の生田緑地でも、「のらぼうサンド」はあっという間に完売。

 ほとんどの方がリピートで買う方ばかり。

 農家の高橋さんがベーグルカンパニー用に収穫してくれるものは、
 とってもおいしい柔らかい部分。

 毎回のらぼうを見ると、スタッフも言います。
 本当に厳選された部分のみを渡してくれているのねと。

 高橋さんの協力があってこそ成り立っている「のらぼうサンド」

 お店では明日が最後。
 イベントでは6日(日)生田緑地出店で最後です。

 来年まで出会えないのらぼう。
 ぜひ今年最後ののらぼうサンドを食べに来てくださいね。



5月3日、4日生田緑地・JAセレサ川崎「園芸まつり」に出店します(5/2)



 生田緑地のゴールデンウィーク恒例イベントに、今年も出店します。

 生田緑地とJAセレサ川崎主催の「園芸まつり」。
 野菜苗、春の草花、花鉢物、植木、川崎産の野菜、園芸資材、軽食販売など
 生田緑地東口ビジターセンター前で、2日間にわたって「園芸まつり」を開催。

 ベーグルカンパニー、明日のお店と園芸まつりに備えて、
 今日はたくさんベーグル作りました。

 明日も朝から「のらぼうサンド」の出来立てを出しますね。
 朝早くから焼き始めるため、先ほどのらぼう農家の高橋さん宅へのらぼうを取りに行ってきました。
 のらぼうサンドは園芸まつりにも持っていきます。

 店頭のオーダーサンドは明日はお休みさせていただきます。
 ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い致します。

 ゴールデンウィーク後半戦の初日。
 ぜひもうすぐ終了ののらぼうサンドや、文旦ベーグルを食べに来てくださいね。



 

のらぼうサンド、5月6日まで!!!(5/2)



 今年は本当にみなさんに喜んでもらえている「のらぼうサンド」。

 昨日のお客様からも嬉しいコメント。
 「のらぼうサンドを東京の友人にあげたら、すっごくおいしい!と、とても喜んでもらえた。
 その友人はのらぼうを食べたことないけれど。
 のらぼうが気に入って調べたって言ってましたよ」。

 のらぼうがどういう野菜なのか知らなくても、
 ベーグルカンパニーを知らなくても、
 おいしいものは通じるんだなあ。

 のらぼうサンドを通して、直接お会いできないお客様にも喜んでもらえて良かった!

 のらぼう農家の高橋さん。
 報告すると一緒に喜んでくれる。

 畑の中でも生で食べれる柔らかい部分を、ベーグルカンパニーのために残してくれるって。

 だから5月6日(日)まで「のらぼうサンド」ができます、やります!
 最後、たくさんの方に喜んでもらいたいから。

 のらぼうって生ではあまり食べない。
 でも生で食べるとビタミンCなどがそのまま食べれるから体にも良い。

 おいしくて、体にも嬉しい「のらぼうサンド」。

 5月6日(日)まで作り続けます!



 

ゴールデンウィーク中の営業のお知らせ(5/2)



 みなさま、こんにちは。

 ゴールデンウィーク中の予定は決まりましたか?

 ベーグルカンパニーは祝日の3日、4日、5日も通常通り営業します!

 普段は遠くて来れない方にもぜひ来てほしい。
 スタッフと一緒に頑張っておいしいベーグルと焼き菓子を仕込みます。

 3日(木)、4日(金)は生田緑地で出店。
 生田緑地・JAセレサ川崎主催の「園芸まつり」

 6日(日)はお店は定休日ですが、生田緑地で出店しています。

 旬の「のらぼうサンド」「かわさきの文旦ベーグル」など、
 たくさんのおいしいベーグル焼きます。

 ぜひ来てください!
 声かけてください!



   

私たちと一緒に働きませんか?(4/30)



 ベーグルカンパニー、スタッフ募集しています!

 以前のスタッフが引っ越しや家庭の事情で退職せざるを得なくなり、スタッフが足りない状況です。

 一緒にベーグルや焼き菓子を作るサポートや、接客をしてくれるスタッフを探しています。

 今はスタッフakiとnaokoと私の3人でベーグルと焼き菓子を作って販売しています。

 私たち全員ベーグルカンパニーが好き、ベーグル作るのが好き、おいしいと喜ばれるのが好き。



 私、ベーグルカンパニーの店主、茶野佐知子です。

 苗字なんて読むの?と良く聞かれます。
 「ちゃの」です。
 8月15日生まれのしし座。
 血液型B型。

 以前は空を飛ぶ仕事をずっとしていました。
 ステイ先のNYで食べたベーグルのおいしさに感動し、ベーグル屋になりたいと決意。
 仕事の傍ら、パンの通信教育受けたり、スクーリング行ったりして、
 毎日毎日ベーグルや焼き菓子を作っていました。

 本格的に勉強したい、お店を持ちたいという気持ちが強くなり退職。
 退職した翌日からは、「日本パン技術研究所」というめっちゃ厳しい学校に通い始める。
 プロしかいない学校で毎日へこむ日々。
 でも何とかくらいついて卒業。

 卒業した日に、憧れだった地元のパン屋に「製造で雇ってください」と押しかける。

 もちろん繁盛店の製造をやらせてもらえるわけがない。
 それでも諦めず、勝手に毎日朝3時に仕込みの見学に入り、
 いつかポジションがあいた時に候補に入れてもらえるようにとやる気だけはあった。

 そんな時代を経て、ベーグルカンパニーの店主となりました。

 「ベーグルおいしいね」と喜んでもらえる日が来るとは!
 あきらめなくて本当に良かった。

 応援してくれるお客様がいて、
 一緒に頑張ってくれるスタッフがいて、
 私ってなんて幸せ者!と本当にありがたいと思っています。




 スタッフakiの紹介。。。

 OL生活からケーキ屋さんに転職し、洋菓子業界で経験を積んでいたaki。
 前向きで、活発で、ハートが熱くて、てきぱきちゃきちゃきしている。

 「忙しくていろいろ仕込むことがあると充実してますね!」と仕込みが大好き。

 小学生のお子さんがいる。

 スタッフのシフトを考えたり、
 忙しい時はどうやったら仕込みがまわせるのか考えてくれたり、
 何をいつ仕込んだら効率よいのか考えてくれたり。

 おいしいものを作りたい、
 自分が作ったものをお客様に喜んでもらいたい、という気持ちが強い。

 前向きな彼女は、シフトが厳しい時でも
 「この仕事は今後のことを考えると断らないほうが良いので、何とか頑張りましょう!」
 「せっかくイベントに出るなら、多くの人に知ってもらえるように頑張ってたくさん作りましょう!」
 と本当に頼りになる存在。




 スタッフnaokoの紹介。。。

 小2の双子の男の子と幼稚園年少の女の子の3人子育て中。

 大手菓子メーカーで働いていました。

 naokoがベーグルカンパニーに入ったのは5年前。
 製造未経験者だった彼女。
 ベーグルを作る仕事がしたいという情熱をとっても感じた。

 途中3人目のお子さんを出産するために休職。
 2年前に戻ってきてくれた。

 昨年度1年間は一番下のお子さんを保育園に預け、本当によく頑張ってくれた。
 技量を身に着けたいと、焼成、ミキシング、フィリング作りなどを習得。
 最初はうまくいかなくて青春ドラマのように、泣いたり笑ったりいろいろあった。
 でも一番輝いているし、これから入ってくれる人の良き相談役になってくれるはず。

 2人とも、ベーグルカンパニーがお客様に「おいしいね」と喜んでもらえるように、
 家庭と両立しながら働いてくれる。

 「私たちと一緒に働きたい」と思ってくれるスタッフを募集しています!

 パン製造経験の有無は問いません。

 おいしいベーグルを作ってお客様に喜んでもらいたいと思っている店なので、
 ・おいしいものが好きな人
 ・ベーグルやパンやお菓子が好きな人
 ・ものつくりが好きな人
 を求めています。

 そして、おいしいベーグルを作るために、作り手である私たちの人間関係も大切なので、
 ・人が好き
 ・人を喜ばせることが好き
 ・まわりを元気にすることが好き
 そういうハートを持っている人を求めています。

 そして、そして、、、
 ベーグルカンパニーが好きだったら言うことないなあと思っています。

 ベーグルカンパニーを一緒に盛り上げてくれるスタッフを大募集中です!!!



           

生クリームなしでそのまま食べてほしい、当店のシフォンケーキ!(4/24)



 ベーグルカンパニーのシフォンケーキ。
 卵の力だけで膨らませたふわっふわっのシフォンです。

 何度も何年もリピートいただいております。
 このシフォンケーキをお目当ての方もたくさんいる自慢のシフォン。



 材料は卵、小麦粉、水、砂糖、なたね油、バニラビーンズだけ。

 実は、、、シンプルな焼き菓子ほどお店の実力と味の差が一番出る。

 どの家庭にもある素材で作る焼き菓子は、とっても楽しい!

 配合一つとっても、いろいろとワクワクしながら考える。

 何センチの型で焼くのか。
 卵も赤い卵か白い卵なのか。
 卵黄と卵白の数は同じにするのか、卵白多めにするのか。
 小麦粉もどれを使うか。
 水となたね油の量をどのくらいにしてしっとり感を出すのか。
 香づけはバニラビーンズなのかオイルなのかエッセンスなのか。

 配合を決める前に大切なのは、どういう味と食感を出したいのか。
 そこから逆算して配合を決めます。



 シフォンって今では普通に作れるけれど、卵の泡立てが命。
 季節により違う卵の泡立てを見極める必要がある。
 最初に少し凍らせたり、塩を入れて安定させたり、砂糖を入れるタイミングを変えたり。



 ベーグルカンパニーのシフォンは1台1台、すべて私たちの手作り。

 卵と向き合いながら、メレンゲと向き合いながら、丁寧に作っています。

 生地がおいしい!
 生クリームなどの添え物がなくても、しみじみおいしい!

 素材の良さと手作りのおいしさを感じてもらえるシフォンケーキです。



   

あんこボールは2回目でも楽しい!マロングラッセ入り登場。(4/23)



 毎日完売が続いているあんこボール。

 何を買おうか迷っている方に、プレゼント用に、自分のおやつに。
 いろいろなシチュエーションで大活躍です。

 一回食べたよという方に嬉しいお知らせが。

 白生地あんこボールの中身に「マロングラッセとあんこ」が新登場です。

 あんこはもちろん自家製あんこ。
 北海道産小豆をきび砂糖で炊き上げています。

 ちょっと贅沢なマロングラッセ入りあんこ。
 これまた3週間適度の期間限定。
 ぜひぜひご賞味ください!



すでに「おいしい!」とのお声届いています、かわさき産の文旦とクリームチーズベーグル(4/22)



 かわさき産文旦を使ったベーグル、先週土曜日から登場しました。

 高津区木所農園の文旦。

 今週末は暑かった。
 こんな暑さの時にぴったりなベーグル。

 爽やかな酸味のある甘さとほろ苦さが特徴の文旦。
 その良さを生かすように仕込んだ文旦ピール。

 文旦ピールの良さをさらに生かすために、ミルキーな北海道産クリームチーズと合わせています。

 文旦ピールの甘さとほろ苦さをクリームチーズが受け止めて、おいしい文旦クリチが出来ました!

 この文旦クリチをたっぷりと巻き込みました。

 ベーグルカンパニーでしか出会えない旬の味をぜひ!

 今週も毎日登場します。



   

かわさき産の文旦とクリームチーズベーグル、明日からです!(4/20)



 お問合せの多かった文旦ベーグル。

 お待たせしました。
 明日4月21日(土)からです。

 高津区の木所農園の文旦。

 何度も洗いこぼした文旦の皮を薄くカット。
 文旦などのピールを作るものって、実はどのくらい茹でこぼすかがポイント。
 苦味がなくなっても文旦ではないし、苦すぎても食べにくい。

 また苦さに応じてカットを薄めにするか、ある程度の厚さにするかも違う。

 すべては目の前にある農作物の状態を見ながら、決めていきます。



 文旦のカットした皮、実、砂糖を鍋に入れて煮込んでいきます。



 しばらくすると実から水分が出て、皮も透き通ってきます。

 文旦ピールが出来上がったら、北海道産クリームチーズと合わせます。



 文旦ピールが出来上がるまでが一番手間がかかります。

 農作物を使って仕込みをするのは、本当に手間と時間と柔軟性が必要です。
 農作物なので味や硬さや大きさは毎回違う。
 それを同じ味に仕上げるのには、いつも神経をつかいます。

 だからこそ、業務用のものでは絶対に出せない味のベーグルができるし、
 他のお店とは違う味が出せると思っています。

 お客様に旬のもの、ベーグルカンパニーでしか出会えないものを食べて欲しい。
 お客様においしいって喜んでもらいたい。
 その一心で今回も文旦ベーグルも作っています。

 かわさき産文旦とクリームチーズのベーグル。
 明日からです!



かわさき産の文旦、食べなきゃ!その3(4/19)



 川崎産の文旦。
 木所農園の文旦。

 実がしっかり締まっているので、房からの取り出し作業も力が必要。



 実を取り出した後は、皮のわたで硬い部分はそぎ取ります。

 文旦とクリームチーズのベーグル、21日(土)から登場します。



かわさき産の文旦、食べなきゃ!その2(4/18)



 かわさき産の文旦。

 高津区の木所農園さんから、たくさん分けてもらう。

 小ぶりで皮も引き締まっている。

 包丁で切れ目を入れて皮むき。
 皮と実がしっかりくっついているので、皮を剥くのにかなりの力仕事。
 スタッフと一緒に頑張って剥く。

 皮を剥いたら皮の重量を計る。
 皮の重量が大体砂糖の重量となる。

 ベーグルの中身に入れる文旦、仕込みがまだまだ続きます。



 

かわさき産の文旦、食べなきゃ!(4/16)



 かわさきに文旦があるって知っています?

 文旦って通常は土佐。
 昨年度は土佐文旦を高知県から取り寄せていました。



 今年は「かわさきfarmer's market」で知り合った木所農園さんから文旦を分けてもらう。

 木所農園さんに行った際、木所大輔さんが文旦を作っていることが判明。

 ちょうど文旦を探している時。
 テンションが一気にアップ。
 文旦、それも地元かわさきの文旦なんて、出会えただけで幸せ。

 かわさきの文旦を使ったベーグル。
 4月21日(土)から登場します。



   

通販のお客様だけにお作りします、「ありがとうのしるし」。(4/11)



 通販のお客様だけにお作りする「ありがとうのしるし」。

 昨日急遽ひらめき、作ることに。

 本物のベーグル生地で作ります。
 ベーグルと同様に発酵させ、茹でて、オーブンで焼く。

 きれいな色の生地を組み合わせ、焼き色もきれいになるように注意。



 麻ひもを通して吊るしてみたら、スタッフが「ベーグルカンパニーの名前を入れたい」と。

 黒紙を切る。
 穴をあける。
 ポスカで「ベーグルカンパニー ありがとうのしるし」と書く。

 スタッフと試行錯誤しながら完成させた「ありがとうのしるし」。

 すごくベーグルカンパニーっぽい!

 手作りにこだわる私たち。
 この「ありがとうのしるし」もベーグルから文字からOPP詰めまですべて手作り。

 ベーグル作るよりも手間はたくさんかかる。
 だからこそ伝えたい想いがある。

 通販のお客様に喜んでもらえたら私たちも嬉しい!

 先週発送したお客様は、ごめんなさい。。。。



通販のお客様にも「ありがとうのしるし」を渡したい!(4/10)



 小さな小さなベーグル。
 大きなベーグルと同じく発酵→茹でる→焼成。

 お店に来てくれるお客様へ感謝の気持ちを伝えたい。
 ありがとうのしるしとしてお客様に喜んでもらいたい。
 その想いから毎日30分以上かけて小さな小さなベーグルをたくさん作っています。

 せっかく来てくれた方に足りないことがないように、お客様の来店数以上毎日作っています。

 とっても喜んでもらえて、私たちもとっても嬉しい。

 本物のベーグルであることにびっくりされる。
 そして皆さん全員が「食べれますか?」と聞く。

 焼いた後はもちろん食べれるけれど、衛生的と食感的に食べることにはお勧めできません。
 と伝えると笑い。

 飾りとして使ってほしいと伝えています。

 皆さんコレクションしてくれたり、マグネットつけてくれたり、大事にしてくれている。

 今日突然思い立ちました。
 通販のお客様にもありがとうのしるしとして小さなベーグルの飾りを渡したい!

 今日さっそく何種類かの生地を組み合わせて、飾りのベーグルを作ってみました。

 明日からの発送のお客様、ありがとうのしるしを焼いて同封しますね。

 喜んでもらえたら嬉しいなあ。

   

お客様の声から作ってみました!ハーフサイズのベーグル登場。(4/8)



 いろいろなベーグルを少しづつ食べたい!
 ベーグルって大きいから1個食べるとお腹いっぱいになってしまう。

 そんなお客様の声を受けて、ハーフサイズのベーグルが登場します。

 いろいろ試した結果、丸い形にします!

 上の写真がハーフサイズ。
 マフィン型にすっぽり入るくらいの大きさです。



 ベーグルの輪っかの形をそのままハーフの生地量で作る試作もしました。
 (上の写真参照)
 見た目は可愛いのですが、クラスト(皮)の部分が多くなり、硬くていまいち。

 丸い形はクラム(生地)が多くなるけれど、もっちり感が楽しめる。
 そしてフィリング(具材)も丸い形の真ん中1か所に入れるため、
 具材食べている感がUP!

 この丸い形のハーフサイズ、実は毎日数個店頭に置いて販売し反応を見ておりました。

 評判良いことが確定!

 今週からいちごのベーグルでハーフサイズ登場します!



     

あんこボール、可愛くて人気です(3/30)



 あんこボール、毎日午前中に完売する人気者に。

 すでにリピートで買いにきてくれるお客様も現れました。

 あんこボールが焼きあがってくるのは、開店10時直前。
 開店と同時に焼きたてのあんこボールがみるみる売れていきます。
 袋づめしてお渡ししますが、袋が曇ってしまうほどほかほかの焼きたてです。

 少しづついろいろ食べたいというお客様の声から生まれたベーグル。
 5つの違う生地の中、全てあんこが入っています。
 特に桜の花がついた桜あんベーグルも入っているのが、かわいい。

 あんこはもちろん自家製あんこ。
 北海道産小豆を鹿児島県産のきび砂糖で炊き上げています。
 ベーグルのむぎゅっとした食感に合うような硬さにしています。

 ベーグル生地は硬い。
 小さい生地に中身を入れて茹でて焼くのは、中身は漏れやすい。

 なので一つ一つ丁寧にしっかり丸めて綴じるので作るのに時間がかかります。

 17袋しか作れないけれど、喜んでもらえるように17袋を愛情込めて丁寧に作っています。


 

小さな小さなベーグルを来店してくれるお客様全員に!(3/24)



小さな小さなベーグルです。

大きなベーグルと同じく成形し、発酵させ、翌日ケトリングし、オーブンで焼いています。

でもちっちゃいので、ケトリング中になくなりそうになる。
焼いていても焦げないように目が離せない。
以外と手がかかる子たちです。



ベーグルカンパニーでは、この小さな小さなベーグルを麻ひもに通して、
ご来店してくれるお客様の紙袋に縛ってプレゼントしています。

この小さな小さなベーグルは作るのに手間がかかるので、少し前まではギフト対応でした。
めっちゃ喜ばれる。
ベーグル生地であると伝えると更にびっくりされる。
乾燥すると飾りにもなる。

こんなに喜ばれるのならお客様全員につけてあげたい!

たくさん作るのにすごく時間がかかるけれど、それでもお客様の笑顔が見たいから出来る限りやります!



小さな小さなベーグルを紙袋につけて渡すときに、
私たちスタッフの「ありがとうのしるしです」と言って渡しています。

その言葉を発する時、あらためて「ありがたいな」と感謝の気持ちが染み渡る。

そしてお客様が「ありがとうのしるし」に「ありがとう」と言ってくれる。
もっと「ありがたいな」と嬉しくなります。